6

アジアン『女芸人No.1決定戦』決勝進出 2年8ヶ月ぶりテレビ出演へ

2017年11月22日 23時26分 (2017年11月24日 03時30分 更新)

『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』決勝進出したアジアン (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

 日本テレビ系『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』の準決勝が22日、東京・ルミネtheよしもとで行われ、はなしょー、中村涼子、どんぐりパワーズ、牧野ステテコ、押しだしましょう子、まとばゆう、ニッチェゆりやんレトリィバァ、アジアン、紺野ぶるま(エントリー順)の10組が決勝進出を決めた。

 アジアンのツッコミ担当の隅田美保は、コンビとしての劇場漫才などは続けているが、婚活に専念するため2015年4月からテレビ出演などの仕事をセーブ中。決勝進出の名前を呼ばれると、「お久しぶりでございます」と笑顔。コンビとして久々のテレビ出演とあって相方の馬場園梓は「漫才をやらせてもらってますが、その姿をテレビで見てもらえるのがうれしい。楽しんでやりたい」と気合十分に意気込んだ。

 同じく決勝進出となるニッチェ江上敬子は「本当にこういう場に立てて、二人でネタを作り続けてよかった!」とガッツポーズ。アマチュア出場の押しだしましょう子は「現在、鳥取市役所で勤めております」と告白して報道陣を驚かせ「お客様がすごい笑っていて、たくさん涙を流したので放心状態です。鳥取に引っ越して、鳥取の人に出会ったおかげ。ここに来る時も鳥取の人に暖かく見送ってもらった…」と涙ながらに喜びを語った。

 「WOMAN(女性)」と「WARAI(笑い)」の頭文字“W”を謳う同番組では、史上初『女芸人No.1決定戦』を開催。漫才・コント・一人芝居・モノマネ・パフォーマンスで“異種格闘技戦”を展開。優勝者には、史上初となる『女芸人No.1』の称号と優勝賞金1000万円、副賞として日本テレビの全レギュラー番組の“合計視聴率100%分”出演権が贈られる。決勝は、12月11日に日本テレビ系で放送される。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 6

  • 匿名さん 通報

    やったところで「優勝は吉本興業の…」でしょ?

    4
  • 匿名さん 通報

    ブスとデブのコンビ久しぶりやな。ブスは結婚できたんか?ブスもデブも立場をわきまえて芸の道で行きていくことを覚悟した方がええと思う。

    1
  • 匿名さん 通報

    穢土ブサイク女の隅田か

    0
  • 匿名さん 通報

    ヤラセにだ!八百屋だよ!あいごー

    0
  • 匿名さん 通報

    吉本イラネw

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!