3

結局2人はバスに乗る…太川陽介&蛭子能収『いい旅・夢気分』群馬・紅葉旅

2017年11月24日 15時00分 (2017年11月25日 15時40分 更新)

11月25日放送、テレビ東京系『いい旅・夢気分スペシャル』紅葉が美しい群馬路を旅する太川陽介(右)と蛭子能収(左)(C)テレビ東京

[拡大写真]

 かつて『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京)で苦楽を共にした、俳優の太川陽介と、漫画家・タレントの蛭子能収の2人が、25日放送の同局系『いい旅・夢気分スペシャル』(後6:30~8:54)に出演。女優の辺見えみりをパートナーに加え、群馬県・吾妻渓谷から草津温泉へ、紅葉の絶景と珠玉の料理、極上の温泉なども紹介する。

 25回の旅を終え、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』を卒業してから10ヶ月。今回、太川&蛭子が「いい旅」を求めて、向かったのは秋の上州路。群馬県渋川駅を起点に紅葉の絶景ポイントを巡る。地元ならではの絶品グルメに、総面積男女合わせて500平方メートルを誇る日本有数の大露天風呂を堪能。草津では江戸時代から伝わる独特な入浴法“湯もみ”も体験する。さらに「路線バス」歴代マドンナたちの思い出話も…。

 園部雄一郎プロデューサーによれば、「太川さん、蛭子さんの珍道中は健在です! 旅の随所に予想外の笑いが繰り広げられます」とのこと。本人たちも「今回は結構バスの移動が多かったので、バス旅の頃のようでした。のんびりとした2人の旅をお楽しみに」(太川)、「バス旅とは違うのでゆったりとした太川さんでよかったです。次も景色のきれいなところに行きたいですね」(蛭子)とまんざらでもないようだ。

 今回のスペシャルでは、家族、師弟、名コンビなど特に親しい仲間同士で行く旅をテーマに、細川たかしレイザーラモンRG&杜このみの房総半島の旅、柴田理恵上地雄輔の箱根路の旅、落語家・三遊亭好楽一家と弟子の北陸の旅も紹介する。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    バス乗り継ぎの旅が復活してくれないかなあ、安心して笑える良い番組だと思うよ

    20
  • 匿名さん 通報

    競艇場から競艇場への乗継バスの旅にすれば蛭子さんもやってくれるかも

    4
  • 匿名さん 通報

    エビスが「もう飽きた」っていってるからね。この企画はやる気のないヤツに無理やりやらせてもダメなんじゃないの?

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!