15

【日馬富士引退問題】元・旭鷲山、信用ガタ落ちで“モンゴル窓口”の仕事もなくなる?

2017年11月29日 22時30分 (2017年12月1日 13時00分 更新)

 横綱・日馬富士の暴行騒動でマスコミに情報を流しまくっていた元小結の旭鷲山(本名ダバー・バトバヤル)が、大ヒンシュクを買っている。

 日馬富士に殴られた貴ノ岩の被害を誇張して話していたことがわかり、「日馬富士とも連絡を取っていた」という話がウソだったとまで指摘され、テレビやスポーツ紙の記者らが、続々背を向けているのだ。

 旭鷲山は長くマスコミ向けの仕事をしてきたことから“失業”の危機も出てきた。

 旭鷲山は、事件直後からテレビの情報番組などに多数出演、貴ノ岩から電話で聞いた話として「40~50回殴られた」などの話をしていたが、これは後に貴乃花親方も否定。貴ノ岩の負傷部分の縫合写真などを公開して、一定の情報力があったことは示した形だが、元横綱の朝青龍から「あの人は事実と違うことをしゃべってる」といった旨の指摘もされてもいた。

 ある角界関係者によると「旭鷲山は相撲協会の理事長選で、貴乃花親方を推すために暗躍していた過去があると疑われた人。そのためのウラ金集めにも奔走し、暴力団との関係も取り沙汰された。何かと、そういうキナ臭い動きをすると思われているから、話の信用度は低い」という。

 ただ、多くのテレビや新聞のマスコミは、その旭鷲山をモンゴル取材の窓口として使ってきた面もあった。

 かつて現役時代の朝青龍が巡業をサボってモンゴルに戻り、サッカーをしていたことが大きな批判を浴びていた頃、多数のメディアがモンゴルに渡航。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 15

  • 匿名さん 通報

    一方、頭狂集団れいぷされて生まれた子供がその頭狂集団れいぷ魔の一人に似てるから、頭狂の路上で子供を殺害したってのが頭狂女

    10
  • 匿名さん 通報

    お母さんと赤ちゃんがバイ菌に感染しなければいいが、、、それが一番心配です。

    6
  • 匿名さん 通報

    サイゾー、リテラが大好きなチョンだったらどうしたのだろうべ?

    5
  • 匿名さん 通報

    バカかよ。

    4
  • 匿名さん 通報

    カミさんがいるのに、他の女クドいて、振られたら怒って他人を殴る。さすがウジテレビ職員。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!