1

カズレーザーの推薦本が急上昇

2017年12月7日 04時00分 (2017年12月8日 23時52分 更新)
今週発表の最新12月11日付けのオリコン週間“本”ランキング(集計期間:11月27日~12月3日)文庫部門では、1989年に発売され、「究極の実験的長篇小説」と評されている筒井康隆「残像に口紅を」の文庫版(中央公論新社/1995年4月発売)が、週間売上1.3万部で前週付け31位から、初のTOP10入りとなる8位に上昇した。

上昇の理由は、11月16日に放送されたバラエティ番組「アメトーーク! 本屋で読書芸人」(テレビ朝日系)において、お笑いコンビ・メイプル超合金カズレーザーが「変わったギミックの本」として、乃木坂46高山一実に紹介したことで注目されたため。

番組オンエア直後の11月27日付けで初TOP100入りとなる67位にランクインすると、登場3週目となる今週付けで遂にTOP10入りとなった。

また、今週付けでは、同じくカズレーザーが「2017年の好きな本」として推薦した眉村卓「妻に捧げた1778話」(新潮社/2004年5月発売)も、BOOK(総合)部門100位圏外から11位に、2010年に集英社文庫から発売された「僕と妻の1778話」(集英社/2010年11月発売)も文庫部門100位圏外から14位に急上昇している。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20171246977.html

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    こんな有名な本を知らないって、ネット民ってみんな本読まないんだな、

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!