0

貞淑美女タレントの性白書 鈴木京香 百戦錬磨「五十路の名器」(1)

2017年12月9日 23時00分

(提供:週刊実話)

[拡大写真]

 「まさに、番組タイトル通りの名演技を見せています」(芸能関係者)

 今期のNHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』の鈴木京香(49)が好評だ。
 「物語は、明石家さんまや『ダウンタウン』が所属する吉本興業の創業者・吉本せいをモデルにした主人公・てん(葵わかな)の一代記。夫・北村藤吉(松坂桃李)とともに“笑い”を商売にするため、寄席の経営に乗り出す姿を描いています」(ドラマ関係者)

 京香の役どころは、大阪にある米問屋を仕切る“ごりょんさん”と呼ばれている女将。
 「息子(松坂)を溺愛するが、商売に厳しく、鬼の形相で周囲を叱りつけるという怖い女性の役柄です。修行中のてんに対する強烈な“イビリ”が注目を浴び、スタートして4週目あたりから常時20%超えの高視聴率をマークするようになったのです。これまでの美しく優しいイメージの彼女とのギャップが功を奏したのかもしれません」(芸能ライター・小松立志氏)

 同局の連ドラ、大河ドラマはさておき、京香の朝ドラ出演は、出世作となった'91年の『君の名は』以来、実に26年ぶりとなった。
 「彼女は葵をいじめる役なので、怒っている感情を表現するために、収録前、楽屋の鏡に向かって顔の筋肉をピクピク動かす練習をしていたそうです。東北・宮城の出身ですが、大阪弁も板についています」(芸能レポーター)

 京香は東北学院大学在学中からモデル事務所に所属し、ビール会社や水着のキャンペーンガールなどを務めていた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「貞淑美女タレントの性白書 鈴木京香 百戦錬磨「五十路の名器」(1)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!