1

小麦粉は爆発する、原因は空気中に漂う粉!18名が死亡する事故も…

2017年12月9日 23時30分

(提供:週刊実話)

[拡大写真]

 どこの家庭のキッチンにも必ずある「小麦粉」だが、条件によっては爆発してしまうことはあまり知られていない。いや、小麦粉だけではない。実は粉砂糖、コーンスターチなど燃える粉状の物の多くは、扱い方によっては爆発を起こす危険性をはらんでいるのだ。

 これはいわゆる粉じん爆発と呼ばれる現象で、空気中に漂うチリ(粉)に炎が引火し、ほかのチリに連鎖的に燃え広がることで爆発するというもの。実際に1878年には米ミネソタ州の製粉所で小麦粉の粉じんに引火して爆発が起き、18名が死亡したことがある。こうした事故は現代にいたるまで何度も起きており、2015年にも台湾で、イベントに使用されたカラーパウダーによる粉じん爆発が発生し、400人近くが負傷、228人が入院、96人が重傷を負う大惨事も起きている。

 もちろん、家庭でも火のもとの近くで小麦粉を大量に宙に舞わせると、火事の原因になり得る。キッチンでの小麦粉の扱いには、十分注意してもらいたい。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「小麦粉は爆発する、原因は空気中に漂う粉!18名が死亡する事故も…」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    炭鉱ではめずらしくも無いが、小麦粉でもってのが言いたいのか

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!