0

東宝2018年ラインアップ注目はキムタク&二宮初共演作

2017年12月13日 16時30分

 大手映画配給会社「東宝」の2018年ラインアップ発表会見が13日、東京・千代田区の東宝本社で行われた。

 千田諭代表取締役副社長(68)は17年の興行収入を「600億円を見込む堅調な成績となりました」と振り返った。トップの興収となったのは4月公開のアニメ「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」で約69億円、2位が「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」で約44億円、3位が「劇場版ポケットモンスター キミにきめた!」で約36億円と、トップ3を全てアニメが占めた。実写系では、上戸彩(32)が主演し、主婦の不倫をテーマにした「昼顔」が23億円のヒットを記録した。

 18年は長澤まさみ(30)主演の「嘘を愛する女」(1月20日公開)を皮切りに、4月にはお笑いコンビ「とんねるず」の木梨憲武(55)主演「いぬやしき」(4月20日公開)、元「SMAP」木村拓哉(45)と「二宮和也(34)の映画初共演作品「検察側の罪人」(8月24日公開)などが並ぶ。

 また、アニメーションの細田守監督の最新作「未来のミライ」が7月に公開されることも発表された。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「東宝2018年ラインアップ注目はキムタク&二宮初共演作」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!