0

ジャンク飯ファンの市川紗椰が注目する「ローソンストアが起こした“おにぎり革命”の行く末」

2017年12月14日 11時00分

ローソンストア100の変わりダネおにぎり! 揚げ物がそのままのっています

[拡大写真]

『週刊プレイボーイ』本誌で連載中の「ライクの森」――。

人気モデルの市川紗椰(さや)が、自身の特殊なマニアライフを綴るコラムだ。

今回はジャンクな食べ物が大好きという彼女が、注目のコンビニおにぎりについて語ってくれた。

* * *

近頃のコンビニでは、「チャーハンおにぎり」や「ドライカレーおにぎり」「塩おにぎり」など、いろんな種類のおにぎりが売られていますね。でも、ローソンストア100が今年の10月に発売した変わりダネおにぎりは、ちょっとレベルが違います。その名も「餃子とチャーハンおにぎり」。チャーハンの上に、餃子が丸々一個のっているんです。もはや“定食”ですよね(笑)。

こういうジャンクな食べ物が大好きな私。ローソンストアの場所を調べ、さっそく買って食べてみた感想は……「うん、完全に餃子チャーハン定食だな」でした(笑)。中華屋さんで食べる定食が、そのままおにぎりの形になっているという、見た目どおりの味です。ただ、箸さえも使わずに食べられるという究極のカウチ定食。かねて「定食を寝っ転がって味わいたい」と思っていた私にとっては、最高のジャンク飯でした。

そんなジャンク飯ファンは意外に多かったようで、この餃子チャーハンおにぎりは、発売から3日間でなんと約3万個も売れたそうです。その後、ローソンストアでは「チキンカツ丼風おにぎり」や「白身魚フライおにぎり」など、チャレンジングなおにぎりが次々と発売されています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ジャンク飯ファンの市川紗椰が注目する「ローソンストアが起こした“おにぎり革命”の行く末」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!