4

キムタクなんか使うな…飯島氏が元SMAP映画に起用する”危険人物”の因縁

2017年12月15日 08時00分

 元SMAP稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)による映画『クソ野郎と美しき世界』(18年4月6日公開)の監督に、爆笑問題太田光(52)、映画監督園子温(55)ら4人が決定したことを14日、Webサイト『新しい地図』が発表した。映画は4本からなるオムニバス。太田は草なぎが主演する短編を担当し、監督はオムニバス映画『バカヤロー!4』以来、27年ぶり2作目となる。

 同作は10月16日に制作発表して以来、「クソ野郎って誰なんだ!?」と独立騒動の遺恨を想起させるキャッチーなタイトルが話題となっていた。そこに加えて、まさかの太田の起用。太田は『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)に駆けつけ、「木村、見てるか~?」「飯島を呼べ!」とキワドいネタをやったことも記憶にあたらしい。それだけにネットSNSでは早くも「草なぎに公園で裸のシーンを入れてくるかも」「ホリ(39)を木村拓哉(45)役で使いそう」「5人の会社員が派閥で別れる話だろ」と反響が広がっていた。

■キムタク批判の園子温を参加させる飯島氏の狙い

 木村拓哉(45)の『LINEのお年玉』CM発表を打ち消すかのごときタイミングで発表された『クソ野郎-』の監督・脚本の布陣だが、週刊誌記者は、園子温の起用に注目しているという。

「監督の一人に選ばれた園子温は、11年にキムタク批判で舌禍を招いているんです。第54回ブルーリボン賞の受賞インタビューで『誰も言わないから、俺が言う。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「キムタクなんか使うな…飯島氏が元SMAP映画に起用する”危険人物”の因縁」のコメント一覧 4

  • 匿名さん 通報

    クソ野郎と美しき世界のミニクリアファイルLとMのデザインは本当にこれで良いの?このデザイン(このように表現したい・このように見られたいという思い)の向かっている先に美しい世界があるとはちょっと思えない

    3
  • ニャニャー 通報

    園子温がアンチキムタクなら、そっちが干されてしまえばいい!本当に小さい人だから!

    3
  • 匿名さん 通報

    クソ野郎と美しき世界のムビチケやクリアファイルにWHO IS KUSOYARO?とあり、クソ野郎を探す趣向になっているのですが、集団心理からクソ野郎を探すより、美しいものを探してほしいと思う

    3
  • 匿名さん 通報

    nothing is perfectだと誰かがクソ野郎になるならnothing is perfectを逃げ口上にしている誰かがクソ野郎という対象を創り上げてしまっている?

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!