4

脚本家の島田満さんが死去、多くのアニメで活躍

2017年12月15日 21時26分
テレビアニメ「ロミオの青い空」や「ONE PIECE」「金田一少年の事件簿」など、さまざまな作品を手がけた脚本家の島田満さんが、12月15日、病気のため亡くなったことがわかった。58歳だった。

この日、島田さんのTwitterアカウントに、娘が報告した内容は次の通り。

※※※ ※※※ ※※※

島田満の娘でございます。僭越ながら母に代わりお伝え致します。母、島田満は本日12月15日11時30分に昨年から患っていた病の為、永眠致しました。享年58歳でした。 38年に渡る長いキャリアの中で執筆してきた様々な作品を愛してくださった方々、誠に有難うございました。

※※※ ※※※ ※※※

島田さんが参加した作品は、「Dr.スランプ アラレちゃん」「うる星やつら」「タッチ」「名探偵コナン」「リトルバスターズ!」「リトルウィッチアカデミア」など多数。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20171247133.html

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「脚本家の島田満さんが死去、多くのアニメで活躍」のコメント一覧 4

  • 匿名さん 通報

    80年代以降の、女性の脚本家のはしりだと思う。 原付はともかく、オリジナル作品では女性らしい感性の話が好きでした。 お疲れ様です(合掌)。

    8
  • 匿名さん 通報

    故・ダイアポロンカリスマ芦田豊雄から、みちる様と呼ばれお嬢様脚本家として、月間OUTの連載でいじられていた。

    5
  • Mio 通報

    58歳は早すぎる、ご冥福をお祈りします。

    3
  • 匿名さん 通報

    若い子たちはジュエルペットてぃんくる、しゅごキャラあたりでお世話になったし、深夜でもリトルバスターズいい作品でした。 今までありがとうございました、どうか安らかにお眠りください。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!