0

アキラ100%が95%にダウン? 原田龍二とガクガク震えてローラを鑑賞

2017年12月17日 17時21分 (2017年12月21日 15時21分 更新)

パンツを穿いて登場したアキラ100%

[拡大写真]

毎年楽しみにしている人も多い、年末特番“笑ってはいけないシリーズ”まであと2週間となった。昨年末放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない科学博士24時』ブルーレイ&DVD(11月29日発売)を記念したイベントが17日、東京・サンシャインシティにて開催され、ココリコ遠藤章造田中直樹)、藤原寛(よしもとクリエイティブ・エージェンシー代表取締役社長)が見守る中、アキラ100%が95%でのネタ披露となった。

斎藤工がサンシャイン池崎のモノマネで絶叫し、原田龍二がアキラ100%の「丸腰刑事」を真似て完璧すぎるお盆芸をしたのも記憶に新しい昨年の『絶対に笑ってはいけない科学博士24時』。毎年豪華な俳優、芸人が様々な笑いを仕掛けてガキ使のメンバー(ダウンタウン、ココリコ、月亭方正)に“罰隊”からケツバットの罰を与える。田中に課せられるタイキックも名物である。


ゴールドのリボンにお盆で大事なところを隠したシークレットゲストのアキラ100%がにこやかに登場し、太陽にほえろのBGMとともに「丸腰刑事」ネタを「遠藤OUT」「田中OUT」と表示されたお盆で披露すると、ココリコの2人は藤原氏の「遠藤、田中アウトー」の掛け声で罰隊によるケツバットを受けることになる。痛がる2人をよそに会場は笑い声が響き渡った。

オープンスペースの会場を見渡しながら「今回360度見られる場所での披露は初めて」と語ったアキラ100%

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!