5

恐喝未遂逮捕“六本木のカリスマ”TOMOROの集金術と悪評

2018年1月12日 11時00分

ラッパーとしても活動していた「TOMORO」こと向井容疑者

[拡大写真]

 知人から1200万円を脅し取ろうとしたとして、警視庁麻布署などは10日、恐喝未遂と強要の疑いで、実業家の向井朋郎容疑者(31)ら男6人を逮捕した。同容疑者は自称“六本木のカリスマ”「TOMORO」としてタレント活動もしていた。派手な遊びや芸能人脈をひけらかしながらカネを集め「25億円のTOMOROオーロラタワー」を建設するなどの大ぼらまで…。内情を追跡すると、トラブル続きで案の定、自転車操業だったようだ。

 向井容疑者らは、昨年7月20日、飲食店を経営する40代知人男性に「1200万円借りてるよな。返さなければどうなるか分かっているのか?」と因縁をつけ、脅すなどした疑い。麻布署によると、向井容疑者ら6人はいずれも容疑を否認しているという。

 向井容疑者と知人男性は、港区六本木にあるキャバクラ店の運転資金を共同で出資しており、経営権をめぐってトラブルがあったとみられる。

「六本木で『KING』と呼ばれていると話し、店名にもしていた。16歳で創業し、23歳で六本木ヒルズに事務所を設立したことで『最年少ヒルズ族』『平成のバブル男』『六本木のカリスマ』の異名を取るとうたっていた。ブログやフェイスブックには派手な遊び、芸能人との交流を頻繁にアップしていた」(テレビ局関係者)

 芸能プロダクションの代表兼プロデューサーを務めるほか、ラップの楽曲でメジャーデビューもしていた向井容疑者。実業家・タレントとして昨年10月には「サンデー・ジャポン」(TBS系)で「24時間パーティーをしている」「何人も芸能人と付き合ってきた」と相手の名をイニシャルで明かし、ネットニュースに取り上げられるなど話題を集めた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「恐喝未遂逮捕“六本木のカリスマ”TOMOROの集金術と悪評」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    気持ちの悪いニュース。こうした話は無視しよう。

    11
  • 匿名 通報

    カリスマじゃなくて ただの馬鹿! その筋に、追い込みかけられてんじゃねえの?はよ、ケジメ取られろや!アホ朗が!笑

    7
  • 通報

    日本人は「カリスマ」の意味が解ってない、カリスマ的な日本人なんていないからね。 因みに正しい発音はカリズマ。

    5
  • 匿名さん 通報

    可哀そうにならない。ただのアホ。生きている価値は無し!

    3
  • 匿名さん 通報

    バブルの頃にもこんなバカたくさんいたな。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!