0

桂文枝は氷山の一角!?不貞グセが直らない若手芸人2人の「ゲス行状」!

2018年1月13日 09時58分 (2018年1月17日 10時00分 更新)

 一昨年には演歌歌手、昨年末には日本舞踊の講師との不貞疑惑が噴出した桂文枝が1月10日発売の「週刊新潮」で苦しい弁明をしているが、最近の例では、宮迫博之や、三遊亭円楽などお笑い界には、不貞癖が直らないタイプの御仁が多い。

 女遊びは芸の肥やしということなのかもしれないが、彼らほどの大物ではないが、内容面においては、かなり大胆に不貞にいそしんでいる若手芸人がいる。2人とも、年末の風物詩「M-1グランプリ2017」のファイナリストだ。この漫才No.1を競う大会であるM-1は、優勝を逃しても、決勝戦で何かしら爪跡を残せば、翌年の仕事がグンと増える。それだけに決勝戦を戦うファイナリスト10組(復活1組を含める)にとってはビッグチャンスなのである。

 そんなM-1ファイナリストで、現在、妻子がありながら女遊びをしまくっている芸人の一人は、2丁拳銃・小堀裕之だ。

「彼の“悪行”は、『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)でたびたび密着されています。M-1人気が爆発する前の03年度のファイナリストで、4児のパパ。かつては『よしもとブサイクランキング』の上位にランクインする常連で、誰もが認めるブサメンです。しかも低収入で、家族6人の生活費を5万円しか入れない月もあったほど。ところが、最近まで8人も愛人がいたそうです。芸人仲間に批判されて、昨年に一度清算したのに、その後なぜか12人に増えたとか(笑)。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!