0

伝説のテレビマン・星野淳一郎とは何者だったのか - 盟友・吉田正樹の証言(後編)

2018年1月14日 07時00分 (2018年1月14日 22時50分 更新)
●『夢で逢えたら』であった駆け引き
2017年12月1日、57歳という若さで亡くなったテレビディレクター・星野淳一郎氏。盟友・吉田正樹氏にその伝説を聞くインタビューの前編に続いて、後編ではウッチャンナンチャンダウンタウン野沢直子清水ミチコによるバラエティ番組『夢で逢えたら』や『ダウンタウンのごっつええ感じ』(いずれもフジテレビ)でのエピソードを中心に紹介。さらに、吉田氏が会長を務める「ワタナベエンターテインメント」の快進撃の秘密にも迫った――。

○コント台本はほとんど書いていた

――星野さんと吉田さんは一緒に『夢で逢えたら』をつくりますね。

『夢で逢えたら』のとき、プロデューサーの佐藤(義和)さんから、パートナーは誰が良いかって聞かれるんだけど、僕は『笑っていいとも!』で彼に先を越されてディレクターになられて不機嫌だから、星野って言いたくないんですよ。だけど、"理"を取った(笑)。不愉快だけど能力が高いことは知っていたから、成功をするために星野を呼んだ(笑)。だから第1回の台本は「吉田正樹」の下に「星野淳一郎」って書いてありますよ。でも、ウッチャンナンチャンダウンタウンたち6人がそろった時に、どっちが先に口を開くか勝負だった。最初、ちょっと探り合ってたら「じゃあ、僕が説明するよ」って星野が口を開いたんです。だから、星野に主導権を譲って、本編編集も星野がやるようになった。

――そんな駆け引きがあったんですね。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!