1

“専業”グラドル 生き残りの道としての「コスプレイヤー化」

2018年1月14日 08時40分 (2018年1月15日 09時30分 更新)

「黒船、再来」と言われ注目を集めるアンジェラ芽衣。コスプレが趣味と公言している (撮影/逢坂 聡)

[拡大写真]

 グループアイドルや“モグラ女子”のグラビア台頭で、熾烈な生き残りバトルが繰り広げられるグラビア界。そんな今、グラドル界で注目を集めている1人が、リア・ディゾン以来の「黒船、再来」と言われるアンジェラ芽衣だ。その人気の秘密は、美貌はもちろんだが、コスプレ活動にもあり、近年のグラビア業界では“専業グラドルコスプレイヤー化”が加速。えなこなどのタレントコスプレイヤーがグラビアを飾ることも珍しくなく、グラビアアイドルコスプレイヤーの境界があいまいになりつつある状況だ。そんな今、“専業”グラビアアイドルが生き残りをかけ、コスプレイヤー化が必須となりつつある。


■レイヤー兼グラドルを名乗るタレントが続々! 主要な週刊誌でもコスプレカットが多数
 
 アンジェラ芽衣は1997年生まれの現在20歳。「関東女子高校生ミスコン2014」でグランプリを獲得し、“関東一かわいい女子高生”からモデルの道に進む。2017年に放送された『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では、「広瀬すずが憧れるドール系美少女」としてテレビ初出演。広瀬の「かわいい…。こんなにテレビでテンション上がったのは初めてです」の発言も、SNSなどで話題になった。

 アンジェラの公式プロフィールによると趣味はアニメ、ゲーム、漫画で、特技には“コスプレ”と記されている。彼女の人気を支えるもののひとつが、SNS等で発信するコスプレ画像だろう。定番のメイドをはじめ、人気ゲーム&アニメ『艦隊これくしょん-艦これ-』(TOKYO MX・15年)の人気キャラ・島風や、『RE:ゼロから始める異世界生活』(テレビ東京系・16年)のヒロイン・エミリアなどが公開されており、さらには趣味でもコスプレを楽しんでいるようだ。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    アンジェラって名前が良くない。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!