1

吉岡里帆が告白「落語家を目指していた時代」

2018年1月16日 11時00分


―― どなたが好きだったんですか?


吉岡 私はずっと桂春蝶(しゅんちょう)さんが好きです。あと、桂ざこばさんのお弟子さんのひろばさん。


―― どういうところに惹かれたんですか?


吉岡 ひろばさんは、酔っ払いのネタがすごく上手なんです。声がしゃがれてて、ちょっとやんちゃな落語というか、お行儀良くない感じの落語がすごく素敵です。春蝶さんは私が学生の頃に通っていた嵐山のアルバイト先の近くで、よく高座に立たれていたんです。それで、よく聴きに行っていたんですけど、あの頃はとにかくなんでもいいから勉強したいって思ってて、それで春蝶さんに「落語を教えて欲しいです!」ってお願いしたこともあるんです。


―― へぇー、そうなんですか!


吉岡 「まぁ弟子ってわけにはいかへんけど、お稽古はつけれるから」みたいな感じで、1、2回稽古をつけていただいたことがあります。その直後に映画のオーディションに受かって、仕事も増えていったので、高座に立つような機会はありませんでしたけど、もしかしたらそっちの世界に行ってたかもしれないです。


―― けっこう、本気だったんですね。


吉岡 そうですよ! 


―― 高座ではないですが、鶴瓶さんとはアドリブ即興劇を展開する『スジナシ』で、ついに共演をされていましたね。


吉岡 私が落語を教えて欲しいですと直談判した話が、春蝶さんから鶴瓶師匠に伝わったらしいんです。それがきっかけでゲストに呼んでくださったんです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「吉岡里帆が告白「落語家を目指していた時代」」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    吉岡は落語家目指してたのか。 渋いねー!

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!