17

小室哲哉が引退を決意した本当の理由

2018年1月19日 19時00分

(C)まいじつ


1月18日発売の『週刊文春』で看護師女性との不倫疑惑を報じられた音楽プロデューサーの小室哲哉が19日、東京都内で記者会見を開き、芸能活動からの引退を表明した。


小室は会見冒頭に、「妻であるKEIKO、家族、ファンの皆さま、スタッフの皆さま、いろいろな方々にご心配をお掛けし、お相手にもご迷惑をお掛けしたことをお詫びいたします」と頭を下げた。そして、謝罪した上で「おわびのお話をすると同時に、僕なりの騒動のけじめとして引退を決意しました」と切り出した。


小室は事前に書いてきたという文書を読み上げ、KEIKOの現状について、「女性というよりは女の子になった」、「音楽にも興味がなくなってしまった」と明かした。


KEIKOの看病については「大人の女性に対してのコミュニケーションが日に日にできなくなっている。ちょっと疲れ果ててしまった。僕自身は恵まれた環境で、音楽に向かわなきゃいけない時間が増え、ずっとKEIKOのサポートをすることができなくなり、スタッフ、ご家族の方々たちの支援がないと不可能になってきた」とし、小室自身がストレスなどによる突発性難聴を患っていることも明かした。


「小室の引退理由は、『曲作りに疲れた』というのが本当のところでしょう。突発性難聴が曲作りの障害になっているのは間違いありませんが、それ以前に『なかなか精神的に乗っていかない』と周囲に漏らしていました。周囲がヒット曲を期待するなかで作曲を続けてきた小室には、ついに集中力の切れる瞬間がやってきたのかもしれません」(芸能関係者)


 



■ 芸能界にいることにも疲れ果ててしまった


また、小室が不倫疑惑の報道で引退を表明したことで、ほかにも報道されていない事柄があるのではないかという疑惑も生まれている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「小室哲哉が引退を決意した本当の理由」のコメント一覧 17

  • 匿名 通報

    小室さんの テレビでの会見は、誠意があったと思う。ありのままの 気持ちを 丁寧に、嘘つくこともなく、素直に 真っ直ぐと。 もう、過去の過ちを 十分に償ったし、罰も受けなくていいと思う。

    37
  • 匿名さん 通報

    c型肝炎で、インポなのに、不倫してる体力ねーわな。文春こそフェイクニュース大賞だろう

    33
  • 匿名さん 通報

    不倫の言い訳を介護の苦労にすり替えているだけのように見える。

    15
  • 匿名さん 通報

    小室圭も見習わないとな

    12
  • 匿名さん 通報

    ケイコの症状、小室哲哉の会見とは違って去年の夏頃のインスタでは音楽に前向きになってるとある。どっちが本当なの??

    12
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!