0

ももクロ百田夏菜子のスピーチに会場“嗚咽 号泣”…有安杏果の涙の卒業ライブ、急遽開催も約3万7千人が参加<2018年OPENING~新しい青空へ~/セットリスト>

2018年1月21日 20時31分 (2018年1月22日 11時14分 更新)

キングレコード / EVIL LINE RECORDS

[拡大写真]

【ももクロ/モデルプレス=1月21日】ももいろクローバーZ有安杏果が15日、グループ卒業を発表し、21日、千葉・幕張メッセで卒業ライブ「2018年OPENING~新しい青空へ~」を開催。15日に開催発表された同ライブだが、この日はライブ会場に約2万9千765人が集まり、近隣の会場で行なわれたライブビューイングには約7400人が訪れ、約3万7千人が参加した。

有安杏果、卒業ライブで百田夏菜子のスピーチにファン号泣

この日は、15日に開催が発表されたにもかかわらず、3万7千人がライブを見守り、MCを挟みながら「行くぜっ!怪盗少女」「走れ!」など人気曲を含む全16曲を披露。

終盤、メンバーそれぞれから有安に向けて直接メッセージを送る際には、百田のスピーチに思わず会場全体が嗚咽をもらしながら涙する一幕があった。

百田は涙で言葉を詰まらせながら「本当に4人になるって想像できなくて、ももかが(卒業を)教えてくれた時も、ももかの中でもう決まってるんだなってすごく伝わって…。どうしても飲み込めない自分がいて。どうしたらいいのかなっていっぱい考えたんだけど、でもももかがいっぱい悩んで一人で沢山苦しんで決めた道をわたしたちが応援してあげるのが一番じゃないかなって思いました」と有安の卒業を葛藤しながら受け入れていく経緯を語った。

しかし有安の卒業について本音を話すことができなかったとし、百田は一言「本当は10周年は5人でやりたかったです」と5月に迎えるグループの10周年に本音を言うと、会場からは嗚咽をもらすファンや号泣する声が響き渡った。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!