2

ジャニーズ「King & Prince」デビュー時に独自レーベル設立の狙いとは

2018年1月24日 04時00分
このタイミングでデビューした理由とはーー

「新しいスタートになるので、しりものぐ……、あっ、死に物狂いでついていくので、背中を押してくれたらうれしいです。よろしくお願いします!」



 1月17日に今春CDデビューすることが発表された、ジャニーズJr.内人気ユニットのKing&Prince。初代リーダーの岸優太が同日、出演中の舞台『ジャニーズHappy New Yearアイランド』の開演前に、そう意気込みを語った。



「'15年にテレビ朝日系のイベントで期間限定ユニット『 Mr.KingVS  Mr.Prince』が結成され、イベント後は『 Mr.King』と『 Mr.Prince』として Jr.内で人気を二分し、しのぎを削っていました」(スポーツ紙記者)



 この“6人組”はアイドルグループの黄金法則なのだそう。特にジャニー喜多川社長は、この6人組方式をよく取り入れているという。



「6人を3人ずつに分けたグループとして競わせるなど、役割の区別化をすることで売り出しやすい。もともとジャニーズは『たのきんトリオ』や『少年隊』など、3人組アイドルの輩出が基本でしたからね」(芸能レポーター)



 この法則が明確に形として表れたのが『V6』。森田剛ら『カミセン』と、井ノ原快彦ら『トニセン』にあえてグループ分けしてデビューした。



V6の場合は当然、メインは『カミセン』。彼らだけのテレビ出演や、コンサートも行いました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ジャニーズ「King & Prince」デビュー時に独自レーベル設立の狙いとは」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    オリンピックは本当に恥ずかしいのでやめて! ゴリ押しされ過ぎて、誰も区別つかないし。

    6
  • 匿名さん 通報

    V6の件は事実上の失敗だろ。最終的には個人活動が主体で、グループ的には結局元の鞘に収まっている。レコード会社もレーベルはソニー系で持ってるけど売り上げそのものがやばいのだろう。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!