100+

【眞子さま結婚延期】やはり破談か…宮内庁の“裏レク”で衝撃発言!? 小室母はショックのあまり…!

2018年2月8日 09時00分

 異常事態だ。秋篠宮家の長女・眞子さま(26)と法律事務所勤務の小室圭さん(26)の結婚式が2020年に延期となった。6日、宮内庁が発表した。

 一般の結納にあたる「納采(のうさい)の儀」を来月4日に控えるなか、突如発表された一報に違和感を禁じ得ないのは皇室担当記者だ。「8日発売の『女性セブン』(小学館)がスクープ予定であることがわかり、この日の午後、各社の皇室担当記者が宮内庁に集められ、“レク”と呼ばれる状況説明を受けました。宮内庁の加地隆治宮務主管は延期理由について『準備不足』を挙げましたが、表情は堅く、原因がほかにあることは明白でした」

 本当の原因と聞いて思い浮かぶのは、週刊誌で立て続けに報じられた小室さんの金銭トラブルだ。昨年12月に真っ先に報じたのは「週刊女性」(主婦と生活社)で、小室さんの実母が元婚約者の男性に400万円以上の借金があるというもの。今年に入り「週刊文春」「週刊新潮」も後追いしている。

「小室さんの学費や留学費用もその男性が工面していたが、あくまで“貸した”という認識。婚約解消後、小室親子に返済を迫ると、2人は『お金は贈与に当たる』と繰り返し、男性の連絡を無視するようになった。週刊誌では男性の知人が話していることになっていますが、告発したのは男性本人です。取材にはペラペラ答えるそうですよ」とは週刊誌記者。

 実はこの日の宮内庁のレクでは、「裏レク」もあったという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 100+

  • 匿名さん 通報

    融資してもらったらその後、普通は、幾ばくかお礼を重ねて、お返しするものよね。普通は。

    419
  • 下剋上、失敗。 通報

    言い方悪いが、この結婚は、母子家庭の貧乏人親子が、世間を見返してやろうと企んだ夢物語。小室母は他人のお金で息子を一流にし、皇族と結婚させて確固たる地位を確立しようと思ったが、メッキが剥がれ破談。以上。

    285
  • 匿名さん 通報

    私はまず海の王子だか何だかのコンテストに応募してた時点でおや?って違和感だったよ 物凄い自己顕示欲の塊だしそんな人が皇室に入れるの?って感じた

    230
  • 匿名さん 通報

    秋篠宮殿下が娘の父として身辺調査を怠ったのが一番の原因 脇が甘かったとしか言いようがない

    148
  • 匿名さん 通報

    庶民の私の娘でも、嫁がせられない。

    124
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!