2

稲垣吾郎、阪本順治監督と初タッグ「光栄」 映画『半世界』主演

2018年2月13日 21時29分 (2018年2月14日 21時30分 更新)

映画『半世界』に主演する稲垣吾郎

[拡大写真]

 元SMAP稲垣吾郎が、映画『エルネスト もう一人のゲバラ』、『人類資金』、『北のカナリアたち』などの阪本順治監督最新作『半世界』に主演することが13日、発表された。共演は、長谷川博己池脇千鶴渋川清彦ら。稲垣は、炭焼き職人の主人公を演じる。

 同作は、阪本監督が『団地』に続き挑む完全オリジナル脚本の作品。かつて一緒に過ごした3人組のうちの一人が前触れもなく田舎へ戻ってくる。何があったかを決して口にせず、仕事を辞め、家族と別れ、一人で帰ってきた。ワケありの仲間の帰還が、残りの2人にとっては「これから」を考えるきかっけになっていく。

 諦めるには早すぎて、焦るには遅すぎる39歳という年齢の男3人の視点を通じて、「人生半ばに差し掛かった時、残りの人生をどう生きるか」という誰もが通るある地点の葛藤と、家族や友人との絆、そして新たな希望を描く。

 明日14日のクランクインを前に、主人公・紘(こう)役の稲垣は「演じるにあたっては、今もまだ模索中なのですが、本当にすてきな脚本でした。昔から阪本監督作品の大ファンでしたのでとてもうれしく光栄に思います」と阪本監督との初タッグに喜び。「男3人でこの世代というのはテレビドラマでもなく、最近見たことのない映画になるのではないでしょうか。僕自身、男同士の作品があまりなく、こういった設定の山の男役でとても新鮮です。長谷川さんも泥臭い感じの役柄はなかったので普段とは違う役柄で3人の関係性をどう作っていくのか楽しみです」と撮影を心待ちにしている。

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    SMAP好きだから言うけどさ、吾郎ちゃんさー、その髪型いい加減やめない?

    0
  • ニャン子 通報

    映画期待しているから、素晴らしい作品つくってね!

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!