0

元子役・加藤諒が振り返る「仕事なかった時代」

2018年2月25日 11時00分

太い眉、濃ゆい表情。一度見たら忘れられない個性派俳優・加藤諒さんが「仕事がなさすぎた時代」を振り返る! 知られざる苦労と「生き残り」の執念を、てれびのスキマさんによる「てれびっ子」インタビューで語ってくれました。(全3回の2回目)




■『ごくせん』のオーディション、落ちたんですよ

―― 転機になった作品として映画『HINOKIO』(2005年)を挙げられてますね。


加藤 そうですね。中学2年の時だったんですけど、メインの役で、しかも映画で、CGを相手にした作品だったんです。だからちょっとキツい現場でした。全シーンリハーサルを全部やって、助監督さんも厳しくて。でも実際できた作品を見た時に、本当に目の前にロボットが居るみたいな感じになってたんです。「ああ、こういう仕事をしていきたい」って感動しました。あの作品があったから僕は役者を続けているんだと思います。


―― この時期、中学~高校ぐらいだと、テレビはどういうものを見ていましたか?


加藤 でも、やっぱり『天才てれびくん』がずっと好きで見てました。学校から帰ってきたら『天才てれびくん』。あと何見てたかな、『炎のチャレンジャー』とか『学校へ行こう!』。このあいだ、「B-RAPハイスクール」のCDアルバムをAmazonで衝動買いしちゃいました(笑)。100円だったから。


―― 懐かしくて。


加藤 そう。見てたわーって。あと、『週刊ストーリーランド』。『世にも奇妙な物語』のアニメバージョンみたいな番組で、おばあちゃんシリーズ(「謎の老婆」)が好きでした。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「元子役・加藤諒が振り返る「仕事なかった時代」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!