0

『わろてんか』高橋一生らを笑いのツボに陥れた “アドリブ刺客”の存在

2018年3月9日 04時00分
『わろてんか』で競演中の濱田岳高橋一生

《わろてんか無事にクランクアップしました! 楽しかった~! 終わってみると寂しさもあるけど、達成できた嬉しさが強かったです。スタッフの皆さん、キャストの皆さん、ありがとうこざいました》



 女優の葵わかなが主演を務める朝ドラ『わろてんか』。2月27日に、10か月間にわたる撮影を終えたことをTwitterで報告した。



視聴率は第2週に1度落ち込みましたが、そこからV字回復。現在も20%を超える視聴率を保っています。物語もいよいよ佳境に入り、最終話まであと1か月を切りました」(テレビ誌ライター)



 スピンオフドラマの制作やコミカライズも決定し、大人気のままに最終回まで駆け抜けそうな勢いだ。



「葵さんが演じる藤岡てんは、吉本興業の創業者・吉本せいさんがモデル。現在は女興行師編が放送されています」(同・テレビ誌ライター)



 半年間放送される朝ドラ枠とあって、脇を固める役者も今をときめく人たちばかり。



「大人気の高橋一生さんは三つぞろいの白いスーツ姿がトレードマーク。すごくノーブルで上品、ジェントルマンな役柄がピッタリです。落ち着いた話し方で、ふだんの高橋さんのイメージともマッチしていますね」(同・テレビ誌ライター)



 そんな“完全無欠の王子様キャラ”を演じている高橋だが、現場では少しだけ、困りごとがあったようで……。



「『わろてんか』というタイトルは、大阪で“笑ってください”という意味。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「『わろてんか』高橋一生らを笑いのツボに陥れた “アドリブ刺客”の存在」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!