0

吹越満、“堕落部屋”自室を公開 その道のプロも太鼓判「クオリティー高い」

2018年4月15日 12時00分 (2018年4月16日 12時00分 更新)

日本テレビ系バラエティー番組『なんでこんな本出しちゃったんですか?』(後11:59)に出演する滝菜月アナウンサー。カズレーザー、吹越満 (C)日本テレビ

[拡大写真]

 俳優の吹越満メイプル超合金カズレーザーとMCタッグを組む日本テレビ系バラエティー番組『なんでこんな本出しちゃったんですか?』(午後11:59)が、プラチナイト特番として18日に放送。番組内ではミステリアス俳優の吹越が、謎に包まれた自室を公開する。

 昨年関東エリアなどで放送し好評を博した『マッドライターズ』に、進行役に滝菜月アナウンサーを迎えてタイトルを一新させた同番組。「なんでこんな本出しちゃったの?」と思ってしまう「奇書」の著者をスタジオに招き、本を出したワケや彼らの強すぎる個性を掘り下げていく。

 風景写真で名を成した写真家、川本史織氏が散らかり、ものであふれた女性の部屋を撮影した『堕落部屋』を紹介。「なぜこんな本出しちゃったのか?」を本人に直撃すると、ただ汚いだけじゃない、堕落部屋の著者独自のルールが明らかに。さらに堕落部屋に住む美女2人をスタジオに招き、「堕落部屋」の知られざる魅力を赤裸々に語る。

 気になる吹越の自室は20近いハットが飾られており、机には本や書類やガラス瓶やらが所狭しと置かれた雑多な様子。川本氏からも「(堕落部屋として)クオリティー高い」と興奮しながら太鼓判を押された。

 前回同様、ブックカフェの店主にカズレーザー、毎日のように訪れる謎の常連客の吹越という役どころになりきり、冒頭にはショートコントも披露。ガラガラの店を繁盛させるために面白い本を入荷したいカズレーザーは、気になっている奇書の著者を招き、著書への理解を深めるために深掘りしていくという流れだが、なぜか吹越本人希望で、カズレーザーに恋している…という設定が追加。滝アナ演じるブックカフェのバイト店員も交えてのアドリブ満載の掛け合いを展開する。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!