0

萬田久子 若さ、美の秘訣は「59歳で出合ったマラソン」

2018年4月16日 16時00分 (2018年4月17日 19時28分 更新)



「“新50代の象徴”。みなさんにそう言っていただけたことが、私の生きがいであり、モチベーションになってきました。60歳の誕生日を迎えるいま、改めてそう感じています」



こう語るのは、同世代の憧れとして、50代を走り続けてきた萬田久子さん。今月13日は、萬田さん60歳の誕生日。萬田さんはいつも若々しく美しい。その秘訣を本人に聞いた。



「これまで9のつく年齢に、人生の節目が訪れました。19歳でミス・ユニバース日本代表に。29歳で息子を出産し、39歳ではある舞台をきっかけに女優として演じるおもしろさを再確認しました。49歳のときには、1人でイギリスに留学。息子が独立し、私も個人事務所を立ち上げました。そして59歳で出合ったのがマラソンです。最初は300mも走れなかった私が、半年間コーチと走り込んだ結果、昨年12月には、ハワイのホノルルマラソンで、42.195kmを完走できたんです」(萬田さん・以下同)



マラソンを始めると、筋肉がつき体脂肪や内臓脂肪が減少した。



「ジムのインストラクターにも『全身が若返っている』と驚かれました。しっかりと熟睡できて、朝の目覚めもすっきりです」



笑顔で過ごすのも萬田流。そのために「愛しいものに囲まれて暮らす」ことを心がけている。萬田さんを自然と笑顔にしてくれるトイプードルのモモ、クリ、カキを紹介してくれた。



「わが家の“子どもたち”との散歩は癒しのひと時です。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!