0

森山未來「オドモTV」で即興芝居 子どもの文章と「日々格闘しています」

2018年4月17日 17時04分

(左から)岩井秀人、森山未來、前野健太

[拡大写真]

 NHK・Eテレ「オドモTV」の囲み取材会が17日、東京都内で行われ、出演者で俳優の森山未來、俳優兼脚本家の岩井秀人、シンガーソングライターの前野健太が出席した。

 「オドモTV」は、子どもの、何にも縛られない自由過ぎるアイデアを、一流クリエーターが本気で向き合って形にする、大人も子どもも楽しめるエンターテインメント番組。

 番組には、子どもが使ってみたいものをプロのデザイナーが形にする「オドモノ」や、びっくりするような子どもの行動を「おはよう日本」のキャスターがニュースにして伝える「オドモニュース」など、さまざまなコーナーがある。森山らが登場するのは、子どものムチャクチャな話を俳優が即興で演じる「オドモのがたり」。

 森山は「僕ら3人の出発は『オドモTV』のもっと前。2017年に子どもを対象としたワークショップ『なむはむだはむ』というのをやったのですが、それを(この番組の)総合指導の川村元気さんが見に来てくださって、『テレビでも何かやってみよう』ということになりました」と経緯を説明した。

 舞台との違いも多いそうだが「こうやって映像に切り取ってもらうのは面白い。子どものアイデア、文章をどう(形として)落とし込むかというのは日々格闘ですが、楽しんでやらせていただいています」と語った。

 岩井は「面白いなと思うのは、学校で書いたら先生に怒られたり、お母さんに速攻で捨てられるような、破綻した作文というのが、逆にここにくるとものすごく評価を受けるんです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「森山未來「オドモTV」で即興芝居 子どもの文章と「日々格闘しています」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!