34

長澤まさみでも不発 フジ「月9」の存亡

2018年4月19日 11時00分

主演の長澤まさみ

[拡大写真]

 長澤まさみ(30)主演のフジテレビの月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」が、2回連続で1桁台の視聴率という大苦戦を強いられている。かつては視聴率20%以上を当たり前のように取っていた月9だが、最近は2桁もなかなか取れない低迷ぶりだ。長らく不振が続くフジはこの4月期の改編で、多くの長寿バラエティー番組を打ち切った。その標的はバラエティーだけではないとみられ「次は月9が打ち切られるのでは」とささやかれている。

 長澤が主演する「コンフィデンスマンJP」は、9日にスタート。初回が9・4%と1桁台でスタートすると、16日放送の第2話は7・7%とさらに数字を落としてしまった。

 この作品に限らず、最近の月9は低迷を続けている。2016年1~3月クールに放送された「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の9・7%以降、全話平均視聴率は、そのほとんどが1桁台の低迷ぶりだ。

 全話平均が唯一、2桁台に乗ったのは昨年7~9月クールの「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―」。山下智久が主演し、話題を集めた同ドラマは、平均14・8%という高視聴率を記録し「ようやく“月9復権”の兆しが見えてきた」といわれた。

 だが、後が続かなかった。10~12月の「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」が6・7%、今年1~3月の「海月姫」は6・1%にまで落ち込み、またも“暗黒期”に戻ってしまった。

 かつて黄金時代を築いたが、このところめっきり視聴率が低迷しているフジは、4月期の番組改編で、バラエティー分野において“聖域なき改革”を断行。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「長澤まさみでも不発 フジ「月9」の存亡」のコメント一覧 34

  • 匿名さん 通報

    ライフスタイルだって昔と全然違うんだし、月9って考えがそもそもおかしいんじゃ無いの?

    26
  • 匿名さん 通報

    長澤まさみで視聴率取れるって本気で思ってたのか?

    22
  • 匿名さん 通報

    テレ東の深夜ドラマを見倣え

    16
  • 匿名さん 通報

    もうある種の何でもありのテレビ局が成り立たないのだろう。ドラマ専門局とかニュース専門局とかしないと無理があるのだろう。ホリエモンに買われた方が良かったのでは?

    15
  • 匿名さん 通報

    ぶっちゃけ、初回30分拡大スペシャルより2話目のが面白かった。10%切ってるのが信じられない。フジテレビ嫌われすぎだろw

    13
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!