9

「これじゃダメだな…」田村正和が俳優引退“引き際の美学”

2018年4月20日 11時00分

 日本における“二枚目俳優”の代名詞的存在だった田村正和が、引退する意向であると4月20日発売の「フライデー」が報じた。

 それによると同誌は、4月下旬に早朝ウォーキングに出かける田村を直撃。引退の決意について尋ねると、親しいスタッフに宛てた今年の年賀状に「のんびりしたい。無職の日々が楽しみだ」と記したと打ち明けた。

 さらに、今年2月に放送された「眠狂四郎 The Final」(フジテレビ系)の試写を観て「これじゃダメだな」と痛感し、引退の決意に繋がったそうだ。引退宣言をしてもよかったが、大っぴらに言うのは趣味じゃないとも語っている。

 田村と言えば、数々のNHK大河に出演。時代劇には欠かせない二枚目俳優から、「うちの子にかぎって…」や「パパはニュースキャスター」(TBS系)などのコメディー、さらに「古畑任三郎」(フジテレビ系)シリーズでの名刑事役など、そのファン層は幅広い。

 今回の決断について、古参の芸能ジャーナリストに聞いた。

「田村さんは数年前から、引き際の美学を模索していました。彼は演じることについて『僕の作る舞台はリアリティーではなく、ただただ視覚に訴えていて、本当に綺麗な作り物。その方が観ていて華やかで楽しめると思っている』と語っていました。また、俳優業については『十分にやってきた』とも言っています。演者としてのイメージを守るため、私生活は一切明かさなかった田村は、自身のお墓もすでに用意しています」

 今年の8月1日で75歳を迎える田村。今回の決断は、ファンにとっては寂しい限りだが、自身の美学として役者・田村正和を貫き通したい強い思いなのからだろう。20代から演じ、ライフワーク的作品だった「眠狂四郎」で役者人生に幕を閉じることになったようだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「「これじゃダメだな…」田村正和が俳優引退“引き際の美学”」のコメント一覧 9

  • 匿名さん 通報

    普通に引退できる幸せ。1番良いよ。

    14
  • 匿名さん 通報

    そら自分の思った動きが出来なければ、他人が見て問題が無くてもそういう話になるだろうな。俺もそうだからなぁ。

    3
  • 匿名さん 通報

    流石に、ジャニーズ山口の記事が一日中「芸能ニュース」の上位に来てるのにサービス提供者側も憂いたか?

    2
  • 匿名さん 通報

    親父のようなサイレント俳優にでもなればいい

    1
  • 匿名さん 通報

    山口さん君の事だよ「引き際の美学」 僕と同じ昭和生まれでしょ? もみ消してきた今迄一切合切含めて潔く引き際を見極めなきゃ。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!