2

荻野目洋子、再ブレイク後初のワンマンライブ

2018年4月22日 08時44分
歌手の荻野目洋子が4月21日、再ブレイク後初となるワンマンライブ「YOKO OGINOME LIVE 2018 RETURN THE HERO!!」を、東京・竹芝のニューピアホールで開催した。

その他の大きな画像はこちら



荻野目が注目を浴びるきっかけとなった「ダンシング・ヒーロー」は、昨年12月、今まで発表された全15トラックを収録したCDシングル「ダンシング・ヒーロー ジ・アーカイブス」として32年ぶりにシングル化され、オリコン週間ランキングで15位をマーク。発売から4か月を経た現在もランキングされ続けるリバイバルヒットとなっており、その現象を反映して、会場には当時を知るファンから若い世代まで、全国から800人(2回公演で1,600人)が詰めかけた。

プリント柄のデザインシャツをミックスした、スタイリッシュなセットアップスタイルで登場した荻野目は「湾岸太陽族」や「六本木純情派」など、自身の代表曲を次々と披露。シングルのヒットメドレーでは自らパーカッションを演奏し、会場を総立ちにさせた。

一方、MCコーナーでは「第32回日本ゴールドディスク大賞・特別賞」と「第59回日本レコード大賞・特別賞(登美丘高校ダンス部との共同受賞)」の受賞を祝うくす玉が登場。ファンとともに「せーの!」の掛け声でくす玉を割る演出で、リバイバルヒットの喜びを分かち合った。

フリンジをあしらったエレガントなワンピースに衣装替えした後半は「コーヒー・ルンバ」などのヒット曲に加え、米国の歌手、カミラ・カベロの「Havana」(全米1位獲得曲)のカバーも披露。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「荻野目洋子、再ブレイク後初のワンマンライブ」のコメント一覧 2

  • 匿名 通報

    再ブレイクは、登美丘高校ダンス部のおかげだね!

    2
  • 匿名 通報

    歌もダンスも上手いからな、荻野目ちゃんは!

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!