2

ローラ、2000万円の等身大フィギュア展示へ 『マダム・タッソー東京』に仲間入り「うれしいな!」

2018年4月23日 17時00分

等身大フィギュア(左)と対面したローラ

[拡大写真]

 モデルで女優のローラ(28)の等身大フィギュアが、あす24日午前11時から体験型アトラクション施設『マダム・タッソー東京』(東京都港区台場)で展示を開始する。「マダム・タッソー」の彫刻師たちが6ヶ月もの期間をかけて制作し、費用はおよそ2000万円。完成したフィギュアと対面したローラは記念撮影を行い「ずっと残るものを作ってもらって本当に感謝の気持ちでいっぱい!」と“仲間入り”を喜んだ。

 今回の展示は、ローラがファッションモデルや女優、歌手と幅広く活躍する日本を代表するタレントであるとともに、来館者アンケートでも人気が高かったことからフィギュアの制作が決定。シッティング(計測)は、昨年7月、米・ロサンゼルスで5時間にわたって行い、本人と一寸違わない像を作り上げるために、頭と顔、体の250ヶ所以上を正確に計測。あらゆる角度から撮影した350枚もの写真や歯型などの詳細なデータをもとに、20人以上の「マダム・タッソー」の彫刻師たちが実に6ヶ月もの期間をかけて制作した。

 ローラの等身大フィギュアが常設展示されるのは、レディー・ガガレオナルド・ディカプリオビートたけしなど、世界のセレブやハリウッドスターらが集う「A List Party ~セレブが集まるパーティー~」ゾーン。衣装もローラ本人が提供した。

 オファーを受けた当時について、ローラは「すごくビックリしたし、本当にうれしいな!」と振り返り、一緒に写真を撮るポイントとしては「フィギュアの腰に手を回してハッピーな笑顔で一緒に写真を撮ってほしいな!」とアドバイス。「ずっと残るものを作って貰って本当に感謝の気持ちでいっぱい! 月に1回、ローラもマダム・タッソーに遊びに行っちゃおうかなっ!」とコメントしている。
 

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    エ.ロいことに使わせてほしいw

    1
  • 匿名さん 通報

    正直欲しい

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!