0

舘ひろし、イメージ変えるヨレた老刑事役に挑戦「新しい自分に出会えた」

2018年4月23日 19時32分 (2018年4月24日 19時40分 更新)

ヨレた老刑事役に挑戦した舘ひろし(C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

 俳優の舘ひろしが23日、都内で5月6日からスタートするWOWOWの連続ドラマ『連続ドラマW 60 誤判対策室』(毎週日曜 後10:00、全5話)の完成披露試写会に参加。無精ひげ姿も披露している舘は「今までにない自分」と笑顔を見せた。

 警察ミステリー小説「エウレカの確率」シリーズ(講談社)などで注目を集めた石川智健氏による同名の法廷ミステリーが原作。定年を控えるベテラン刑事・有馬英治(舘)、若手弁護士・世良章一古川雄輝)、女性検察官・春名美鈴星野真里)の3人が所属する、死刑囚を再調査し、えん罪の可能性を探る組織「誤判対策室」を舞台にする。

 舘はパリっとしたスーツ姿で登場し、何歳になっても変わらないダンディなオーラを醸し出した。一方、同作では定年を控えた刑事で、劇中では無精ひげ姿を披露している。舘は「今までにないヨレた老刑事役。私ごとですが今までにない自分。熊切(和嘉)監督に感謝しております」としぶく語り「この作品を撮るにあたって熊切監督から『無精ひげを生やしてくれ』と。最初のシーンは寝ぐせがついている。酔っ払って二日酔いで自分の部署に行く。でも、やってて楽しかったです。ヨレてる自分が好きでした。新しい自分に出会えた」とイメージを一変させる演技を満喫した。

 熊切監督は「ヨレても色気が出る方。その辺はうまくいった」と自信。そんな監督に対して舘は「要求が多い。『もう少しヨレろ』『もう少し酔っ払って』と。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!