23

山口達也を会見後に叱責…国分太一に心配の声「少し休んで」

2018年4月27日 15時00分



TOKIO国分太一(43)が4月27日、自身が司会を務める「ビビット」(TBS系)に出演。番組内で、同グループの山口達也(46)を叱責する場面があった。山口は強制わいせつ容疑で書類送検され、26日には謝罪会見を開いている。



今回の件を受け無期限謹慎となった山口だが、会見では「TOKIOにまだ席があるのであれば、戻りたい」と将来の復帰を希望する言葉を口にした。これに対して国分は「そのコメントに関しましては、23年間、一緒に走ってきたからこそ、そんな甘えた言葉は、山口からは、聞きたくなかったです」と思いを打ち明けた。続けて、こう語った。



「それよりも、被害に遭った人、そしてその家族が、普段の生活に戻れる、そこに関してもっともっと語って欲しかった。率直にそう思っています」



山口と会見後に面会したという国分。スケジュール上、他には城島茂(47)しか参加できなかったというが「そこで(山口に)『何やってんだ』と言いました」と詰め寄ったことを告白。しかし山口は憔悴しており「『このことについて何も言わなくてすまん』ということ、それから『自分より先に番組で俺のことを語らなくてはいけなくなって本当にごめん』ということは言われました」と山口の謝罪について話した。



今後について国分は、こう語った。



「今後に向けての話だったりはまだできる状態じゃないなと。それよりまずは被害者の方々が普段の生活に戻れるよう、それを望みながら一歩一歩ていねいに自分たちも考えていかなきゃいけないんだろうなと」



前日の同番組でも、泣き崩れながら謝罪していた国分。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「山口達也を会見後に叱責…国分太一に心配の声「少し休んで」」のコメント一覧 23

  • 匿名さん 通報

    TOKIOに戻りたいと発言したときは耳を疑った。甘やかされて子供のまま大きくなったんだろうね。大人になったら何かしらの責任を取らなくちゃダメなの。

    17
  • 匿名さん 通報

    なぜ所属事務所の社長は自ら所属タレントの不祥事の説明と謝罪しないのか?全て人任せの形だけの処理に見える。ピンチの時こそ社長の生き方、考え方がタレントにも影響するように感じる。

    17
  • 匿名さん 通報

    3度目の謝罪会見で信用は無いに等しくなった。本人の意思表示は出来た機会があっただけ優遇されている。事務所の裏工作も不調に終わり万事休す。仕事で困ることはなさそうだから心配はしてない。

    15
  • 匿名さん 通報

    発覚翌日のビビットの太一、寝てないなと思った。メンバーつら過ぎるよ。あの状況でTOKIOに戻りたいって、本人自覚無しに落胆。で、子羊の謝罪会見はどーなってるの?

    13
  • 匿名さん 通報

    「知らなかった」は他のメンバーのセリフ。本人メンバーは状況を説明しないとね!だけど、メンバー縛りは事務所のリスク回避工作の一環だね。

    11
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!