0

【2.5次元インタビュー】新シリーズ始動! 和田雅成が紡ぐミュージカル「薄桜鬼 志譚」土方歳三篇 明治座公演

2018年4月27日 15時20分

「薄桜鬼 志譚」土方歳三篇のキャストたち

[拡大写真]

 シリーズ累計100万本を超える大人気ゲームを原作にした、ミュージカル「薄桜鬼」。若手実力派俳優陣の熱い演技と、原作を忠実に再現した物語、そして殺陣とダンスと歌で新選組を表現するという斬新な演出で観客を魅了し、シリーズを重ねてきた。11作目となるミュージカル「薄桜鬼 志譚」土方歳三篇からは、幕末を駆け抜けた新選組の志士たちの志の物語という意味を込めてタイトルを改め、演出に西田大輔を迎えて新たにスタート。新神戸オリエンタル劇場での公演を終え、28日からの東京・明治座公演を控えた土方歳三役の和田雅成、沖田総司役の山崎晶吾、斎藤一役の納谷健近藤勇役の井俣太良風間千景役の中河内雅貴が本作への思いを語った。

-神戸公演を終えた感想をお願いします。

和田 初日のカーテンコールを終えたときに、お客さまが愛を持って見てくれていたことをすごく感じました。で、それに応えるかのように、それに引き出されるように、役者のみんながすごくいい顔をしていて、僕はその瞬間に、一つ新しい「薄桜鬼」が生み出せたんじゃないかなと感じました。

中河内 僕は久しぶりに2.5次元の舞台に帰ってきたんですが、こんなにも多くのお客さまに支えられて舞台に立てる喜びを改めて実感しました。

山崎 神戸公演を終えて、この「薄桜鬼」が愛されている作品だなというのも改めて感じましたし、また、終えてからさらに責任感もあるなというのを感じました。初心に戻ってまた頑張っていきたいと思います。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!