0

V6三宅健が“イチオシ”するJr.は、入所半年の21歳!? 「3回オーディションを受けた」人物とは?

2018年5月10日 08時30分

 V6三宅健がパーソナリティを務めるラジオ『三宅健のラヂオ』(BayFM)5月7日深夜放送回に、ジャニーズJr.谷村龍一、影山拓也椿泰我前田直樹が出演した。その中で苦労人の前田に対し、三宅が優しさを見せる場面があった。

 今回の放送は、舞台『滝沢歌舞伎2018』の公演中、東京・新橋演舞場の三宅の楽屋にJr.を招いて収録したもの。三宅が4人に年齢を聞くと、谷村が19歳、影山と椿が20歳、前田が21歳と返答。さらにジャニーズ歴を聞くと、椿が9年半、谷村が9年、影山が8年、そして前田はなんと半年とのことだった。年齢は前田が1番年上だが、ジャニーズ歴はダントツで後輩という、ちょっと複雑な関係性のメンバーが集まったことがわかったのだった。

 三宅はJr.それぞれの見せ場を説明したり、頑張りを褒めたりしつつも、半年前に入所した前田を特に気にかけている様子。緊張から口数が少ない前田に、三宅は「前田、すごいんだよね。オーディション受けたんでしょ、いっぱい」「前田はさ、いつ応募し始めたワケ? 事務所に」と積極的に質問を投げかけており、前田は中学2年生の時から3回事務所のオーディションを受け、20歳のときにようやく受かったと説明していた。そんな前田を「半年前に入って、『滝沢歌舞伎』に出ちゃってるんでしょ? 大抜てきじゃんね!」と盛り立てる三宅。前田が「リハーサルがもう、とにかく大変でした!」と言うと、影山も「ボクらだってめちゃめちゃ大変だったんですけど、それを半年の子がやるって、相当だと思います」と前田を気遣っていた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「V6三宅健が“イチオシ”するJr.は、入所半年の21歳!? 「3回オーディションを受けた」人物とは?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!