0

「神経質な人ほど逆に無神経」千原せいじの主張をネットが称賛

2018年5月16日 22時00分
 5月15日の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に千原兄弟千原せいじが出演。自身と比べて神経質すぎる人たちに苦言を呈した。

 司会の明石家さんまに「神経質な人のムカつく言動」を問われた千原は「一緒に飲みに行ったりして、お湯割りなんか頼むと、ポットの中でカルキが泳いでる時がある」と、酒をテーマに話し始めた。

 千原はカルキが浮いていても飲めるというが、「それを見てる後輩が道端に捨てられたガムを見るみたいに『兄さん、そんな汚いもんよう飲めますね?』って」などと指摘されるのが気に入らないと噛みついた。「ほっといてくれ!なんで人が今から飲もうとする時に、そんな嫌なこと言うねん」と嫌がった。

 さらにヒートアップした千原は「そっちのほうがガサツや!(指摘してくる人は)『私はこうなんです!こうしないとダメなんです!』とか」と、神経質な人は配慮がない言葉を平気で投げかけ、自身の考えを強要してくると毒づいた。

 ネット上では「せいじの意見に大賛成」「せいじの言う通り。神経質な人は自分がかわいいだけ」「神経質な人間は逆にガサツなのわかる」など、千原の意見に共感する声が多く寄せられた。

 以前、『週刊朝日』のインタビューで「人生の時間は限られています。だから“急に話しかけたら失礼”とか、いらん気を回している暇はないんです」と積極的にコミュニケーションを取ることの正当性を口にしていた千原。

 さらに千原は同誌で「まずコミュニケーションを取って、『あ、この人俺のこと勘違いしているな』と思ったら早めに修正して、より深く付き合う」と微調整することが上手に人付き合いするコツだと説いた。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!