0

柳原可奈子、役作り不要 足の遅い容疑者役で『捜査一課長』第6話出演

2018年5月17日 08時00分

テレビ朝日系『警視庁・捜査一課長 season3』第6話(5月17日放送)メインゲストの柳原可奈子(C)テレビ朝日

[拡大写真]

 タレントの柳原可奈子が、テレビ朝日系ドラマ『警視庁・捜査一課長 season3』(毎週木曜 後8:00)の第6話(17日放送)にメインゲストとして出演。笑顔を封印して容疑者役に初挑戦した。

 内藤剛志が演じるヒラ刑事から這い上がってきた“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一を中心とした捜査員たちの熱き奮闘を描く同ドラマ。第6話は、ジョギングが趣味の不動産会社のワンマン社長が殺害されるところからはじまるストーリー。「死体のそばからピンク色の人影が“ゆっくり”走って逃げた」という奇妙な目撃証言があり、容疑者として浮かび上がったのが、被害者の部下のひとり、北園晴美(柳原)。

 柳原は、『MONSTERS』(2012年、TBS)で刑事ドラマのヒロインを演じたことがあるものの、事件の容疑者となるのは初めて。「こんなふうに事件にからむ役は初めてで、アリバイを聞かれて、超感動~! 取り調べ室も殺人現場のシーンも初体験だったので、ワクワクが止まりませんでした」と、刑事ドラマの醍醐味を体感したという。

 しかも、今回演じた晴美は走るのがとても遅い設定で、その走りは“そよ風よりも遅い”と評されるほど。実は、柳原も子どもの頃から走るのが苦手だったらしく、「今回は役作りというより、“これって私の話じゃん!”みたいな感覚でした。足の遅さが生かされるお仕事が来るなんて、小学生の頃の自分が聞いたら夢みたいなハナシで、本当にうれしかったです!」と話していた。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!