2

西城秀樹さん側近らが語るプライベート「サウナに入りすぎだったのかも」

2018年5月21日 22時30分
昨年10月の『中野サンプラザ』公演では、少しやつれた印象だった

「秀樹はとにかくサウナが大好きで、1日に何度も行ってました。それも水を飲まないでギリギリまで汗を絞り切る。汗を出すことで気分が爽快になっても体力は使っていますからね。最初に脳梗塞で倒れたのも、サウナに入りすぎたからだったのかも……」



 西城秀樹さんと常に行動をともにしていたあるスタッフは、彼の常識破りな生活習慣をこのように語る。



 当時、西城さんのステージ衣装を担当していた塚田伸夫氏の話もすさまじい。



「出会ったのは秀樹が16歳のときでした。西麻布で僕の車に乗せてあげたら、デビューもしてない子が“僕のこと大事にしてくださいね”って言うんです。びっくりしたね。“僕は絶対、スーパースターになりますから”って宣言したんですよ。自信家なわけじゃなくて、ものすごく負けず嫌いだったんですね」



 GSブームが終わり、当時の人気者は伊丹幸雄だった。塚田氏はセーラーファッションの伊丹に対抗して、西城さんの衣装をプロデュースした。



野口五郎さんはスーツ、郷ひろみさんは坊やファッションでしたから、秀樹はソウルのイメージで衣装を作って売り出したんです。でも、伊丹さんと一緒に出演しても拍手の数が違いました。観客の様子を見て、“幸雄さんは拍手がすごかった。俺はまだまだ。幸雄さんファンが6割、俺は3割だな”なんて自分で分析していました。終わると、次の演出などをスタッフと一緒に考えていましたよ」(塚田氏)



 多くの女性から注目されていたが、すでにこのころからモテモテだったという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「西城秀樹さん側近らが語るプライベート「サウナに入りすぎだったのかも」」のコメント一覧 2

  • 寄る猫 通報

    なんだ、サウナに関しての原因を掘り下げた記事じゃないんだ。 見出しが吊りなだけか。

    6
  • 匿名 通報

    水分は頻繁に摂取しないと血液ドロドロになって、血管も詰まってしまって、そこから脳梗塞になってしまうってことですね。気をつけようと思います。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!