0

北島三郎 次男・大野誠さんお別れ会「顔が浮かんでまいります」

2018年5月21日 21時01分

大野誠さんのお別れ会であいさつする北島三郎

[拡大写真]

 演歌歌手・北島三郎(81)の次男で、3月に心不全で死去した元ミュージシャンで会社役員の大野誠さん(享年51)のお別れの会が21日、都内で行われた。

 山本譲二原田悠里北山たけしといった北島ファミリーのほか、武豊騎手をはじめとする競馬関係者など約500人が参列。祭壇には1988年にバンド「1st BLOOD」のボーカルとしてデビューしたときの宣伝用写真や、5年ほど前に事務所地下のブースでレコーディングを行った際に撮影したものなど、3枚の写真が飾られた。

 北島は「本日はお忙しい中、息子・誠のお別れの会にたくさんの皆さんにご来席いただきまして、親としてこんなにうれしい、本当に感動した思いはありません。感謝を申し上げます。ありがとうございます」とあいさつ。続けて「何度か言われた言葉の一つに『子供が親よりも先に旅立ったら親不幸だぞ』という言葉を聞いたことがあります。まさか自分がそんな形になるとは夢にも思っていませんでした」とつらい心情を吐露した。

 会場には誠さんが「大地土子」名義で作詞作曲した「路遥か」などの作品がBGMで流された。

 北島は寂しさが消えることはないとしつつも「これをいつまでもまた背負って歩いていると、自分もただの年寄りになっちゃいます。ですから、もうしばし『オヤジ! 俺が見ているから、この道を頑張って歩いていけよ!』と。今の『路遥か』は、私が芸道を歩いてきた道を、息子が感じたままにあの歌を作ってくれました。そして北山と一緒に、仲間と一緒にファミリーとこの歌を歌うたびに、こいつの顔が浮かんでまいります」としみじみ語った。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「北島三郎 次男・大野誠さんお別れ会「顔が浮かんでまいります」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!