5

小室哲哉 引退撤回せず「小室っぽいと言われるのが苦痛でした」

2018年5月22日 00時00分



本誌の直撃取材に“左耳の聴力ゼロ”という危機的状況で緊急入院していたことを明かした小室哲哉(59)。1月に“引退”を発表した小室は、マスコミの取材を受けるのは「これが本当に最後」と断りつつ、妻・KEIKO(45)との将来や日本中から声が挙がる“引退撤回”の声について率直に答えてくれた。



1月の記者会見当時、大分の実家に戻っていたKEIKOは、あの会見を見たのだろうか。



「はい。あのあと、電話で何度か話しています」



――どんなお話をされたんでしょうか。



「簡単なコミュニケーションをとってるだけなんですよ」



――会見では最後、“介護の大変さ”に言及されました。ご自分の体調もよくないなか、KEIKOさんとの今後についてどうお考えでしょうか。



「僕が自分勝手というのが大前提なんですけれど……。一般の方でいったら“定年”みたいな年齢で、家族や夢について、今後の道先を決めていかなければいけないんですが、どういうふうに2人でやっていけるものなのか。そして、どういう道があるのか。まだまだちゃんと決められてないんです。彼女のケアを含めて、今後どうしていくか……見守ってください」



この日、無事に退院した小室はファンからの応援の声も療養の励みになったという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「小室哲哉 引退撤回せず「小室っぽいと言われるのが苦痛でした」」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    才能があり妻の病状が悪いのに破産宣告・にんにく注射不倫と破産宣告後豪華な生活で行動がハチャメチャ。才能があるのだから、きちんと返済し真面目な生活を続け社会に貢献してほしい。

    7
  • 匿名さん 通報

    決して贅沢せず陰徳しなはれ。

    5
  • 匿名さん 通報

    全ての歌詞が抽象的すぎて全く感情が無く曲のノリだけでヒットしている気がしていた。現在ヒットしている曲の殆どの歌詞も良さそうな言葉を並べただけというのはここから始まったんだろう。

    3
  • 匿名さん 通報

    音が海外テクノのパクリだったからなあ。たしかに基盤が無いから坂本龍一のようにはなれるはずもない。 一世を風靡した、、という事でいいんじゃない?

    1
  • 匿名さん 通報

    ヒットしてきた楽曲の曲調を機械的に取り込んで切り貼りして売って名前が有名になった人。作曲家を侮辱するようなことをしてきたからバチが当たったんだわきっと。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!