1

九州・KBCなぜ強い? 年間平均視聴率10年連続3冠以上の理由を探る

2018年5月24日 08時00分

KBC九州朝日放送(左から)報道部の石田大我さんアナウンス部の岡田理沙アナウンサー、営業部の緒方鉄平さん(部署名は2018年3月現在) (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

 東京を中心に日本テレビ系列が視聴率戦争を勝ち抜いている中、九州・福岡では様相が異なる。テレビ朝日系列局のKBC九州朝日放送が絶好調。2017年の年間平均視聴率で全日(午前6時~深夜0時)、プライム2(午後11時~深夜1時)、ノンプライム(午前6時~午後7時、午後11時~深夜0時)の3区分でトップに輝き、10年連続で3冠以上という偉業を達成している。なぜKBCは支持されているのか、その理由を探るため、同局の社長室長兼経営企画部の大迫順平部長、テレビ業界に飛び込んで1年が経ち、フレッシュながらも自身の仕事内容を少しずつ理解してきた2年目の社員を代表して、アナウンス部の岡田理沙アナウンサー、営業部の緒方鉄平さん、報道部の石田大我さんの4人に座談会形式で話を聞いた。(部署名は2018年3月現在)

 まずは2年目社員の3人に、それぞれの大まかな仕事内容とそこでの発見について話してもらった。岡田アナは同局の朝の人気情報番組『アサデス。KBC』(月~金 午前6:00~8:00)でのニュースコーナー、ロケ取材、KBCラジオでのリポーター、パーソナリティーなどを担当。さまざまな経験をする中で、入社前に描いていた理想像と大きな変化があったという。「アナウンサースクールに通っていた頃は、滑舌がいい、声のベースがしっかりしている、とりあえず話がうまいという3つが求められるんじゃないかなと思っていましたが、実際にお仕事をやらせていただくと、技術はもちろん必要ですが、何か伝えたいこと、熱意がある人が求められるのだなと感じました」。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「九州・KBCなぜ強い? 年間平均視聴率10年連続3冠以上の理由を探る」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    福岡だけでしょ。九州各県では違うと思うけど。タイトルが九州・福岡ではなく 福岡だけにすべき。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!