9

ダンプ松本、32年間苦しんだ“パチンコ依存症”語る

2018年5月25日 08時22分
悪役レスラーとして人気を集め、バラエティ番組などでも活躍したダンプ松本(57歳)が、5月24日に放送されたバラエティ番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)に出演。32年間苦しんだパチンコ依存症について語った。

その他の大きな画像はこちら



松本がパチンコを初めてやったのは、プロレスの練習生時代、19歳の頃だという。当時、マラソンのコース途中にパチンコ屋があり、マラソンで喉が渇いたときに、隠し持っていた小銭でジュースを買おうと立ち寄った際、「ジュース買うか、パチンコやるか」考えてしまい、パチンコをやってみたら「出ちゃった。300円が9000円に」なったことで、快感を覚えてしまったそうだ。

それからは練習の合間を縫ってパチンコ通いをすることに。全盛期は年間300試合をこなし、タレントとしても活躍、MAX年収は「4000万円くらい」だったというが、その稼いだお金は「ストレス解消と(パチンコに)勝ちたくて」湯水のようにパチンコに注ぎ込んでしまった。

「ATMがすぐ近くにある、パチンコ屋さんの中にもある。酷いでしょ? 階段のところにある。(店の)外まで行かなくていいんです。パチンコ屋から一歩も出なくていいんです」
「パチンコ台が呼んじゃってるから、『おいで~あとちょっとで(当たりが)でるわよ~』って」
「(パチンコより楽しいことは)なかったんだよねぇ。(プロレスは)叩かれてお金を貰う仕事だから。叩かれないでお金貰うのがすごく嬉しくて」

そうして1日中パチンコ台の前に座り、最大で1日16万円注ぎ込んだこともあるという松本。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ダンプ松本、32年間苦しんだ“パチンコ依存症”語る」のコメント一覧 9

  • 匿名さん 通報

    でもダンプさん、すごいね。時間はかかったし大損もしたけれど、ちゃんと自分でやめられたんだ。拍手!

    20
  • 匿名さん 通報

    カジノより、いまある依存症の根源を絶つべき

    13
  • 匿名さん 通報

    朝鮮人がする朝鮮玉入れの事??日本人はやりませんから~~W

    8
  • 匿名さん 通報

    光と音で、洗脳されてて笑った

    3
  • 匿名さん 通報

    月5万負け、年間60万円負けの人が大半。そういうひとが1万人で60億円、10万人で600億円、100万人で6000億円。 あれ・・・これでも、売上5兆円にまったく、足りませんwww

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!