コスプレでもかわいすぎる!新垣結衣の魅力

2018年5月26日 15時00分
掟上今日子の備忘録

海野なつみ原作のコミックをドラマ化した「逃げるは恥だが役に立つ」でファンが急増し、7月27日(土)には映画『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の公開を控える新垣結衣。2017年公開の映画『ミックス。』では、キュートでコミカルな演技の魅力はもちろん、劇中でガングロギャルやチアリーダーなどさまざまなコスプレ姿を披露したことでも話題になった。透明感のある正統派の美人女優でありながら、シリアスな役からコミカルな役まで幅広くこなす新垣。その中でも漫画や小説原作の実写ヒロインを演じさせたら右に出るものはいないのではないだろうか。

スペシャルドラマ「らんま1/2」

(C)NTV (C)2011 高橋留美子/小学館

2011年スペシャルドラマとして放送された「らんま1/2」では、それまでトレードマークであったロングヘアをばっさりと切り、がさつで男勝りな武道家の跡取り娘・天道あかねを演じている。同作は「うる星やつら」などで知られる高橋留美子のコミック代表作を初めて実写化したもの。水をかぶると女に変身してしまう特異体質の青年・乱馬(賀来賢人)と、天道あかねが織りなす異色のラブコメディーだ。原作さながらのアクションシーンにも挑戦し、視聴者からは「ハマり役! 」「あかねのイメージぴったり! 」との声も多かった。

掟上今日子の備忘録

(C)NTV

また、2015年には人気小説家・西尾維新の「忘却探偵シリーズ」(講談社刊)を実写化したドラマ「掟上今日子の備忘録」で、史上最もキュートな美女探偵・掟上今日子に扮した。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。