1

郷ひろみ、西城さんへ弔辞 声詰まらせ「秀樹の背中を見て、歌い続けたい」

2018年5月26日 13時07分

西城秀樹さん葬儀に参列した郷ひろみ (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

 16日に急性心不全のため亡くなった歌手の西城秀樹(本名:木本龍雄、享年・63)さんの告別式が26日の午前11時より、しめやかに営まれた。西城さん・野口五郎(62)とともに「新御三家」として親しまれた郷ひろみ(62)は、時おり声をつまらせながら弔辞を読み上げた。

郷ひろみ 弔辞

これが僕から秀樹に贈る最初で最後の手紙になります。
秀樹、五郎、そして僕。新御三家と呼ばれて気がついたら45年以上の月日が流れていました。秀樹と五郎は僕より先にデビューしていて、何もわからず芸能界に飛び込んだ僕は、2人の背中を見て歩んでいくのがやっとでした。

あの頃、毎日のように音楽番組があって、2人は当たり前のようにそばにいて、僕の中では2人のことをライバルと思ったことは1度もなく、同じ世代を駆け抜けていく同志という思いでした。

1978年、日本レコード大賞で、秀樹と五郎の2人が金賞、僕ひとりだけ名前を呼ばれることはありませんでした。その時の思いがバネになって、翌年、日本レコード大賞で大衆賞を取ることができました。2人がいたから、受賞することができたと思っています。

本当にファンのことを第一に考えて、自分の人生をダイナミックに生きる人だと感動しました。

2016年、ある雑誌の対談で本当に久しぶりに顔を合わせました。秀樹は大病を患っているにもかかわらず、力を振り絞って、そこに駆けつけてくれて、ひとつひとつの言葉を大切に伝えてくれました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「郷ひろみ、西城さんへ弔辞 声詰まらせ「秀樹の背中を見て、歌い続けたい」」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    西城さんが天国に行ってしまわれて本当に悲しいですが、西城さんは郷さんの思いやりにあふれた弔辞を喜んでいると思います。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!