0

山崎賢人が『Mステ』初出演「緊張の種類が全然違います」

2018年6月15日 07時00分
俳優の山崎賢人が、きょう15日に放送されるテレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』(毎週金曜20:00~)に登場。山崎が同番組に出演するのは、今回が初となる。

山崎賢人

山崎の主演映画『羊と鋼の森』のエンディングテーマ「The Dream of the Lambs」を、世界的ピアニスト・辻井伸行が生披露するため、山崎も登場し、演奏を見守る。

山崎は楽曲について「『初めて聴いた時は、主人公のこれからの背中も押してくれるような、この先も深い森が続いていくような気がしました。映画の完成披露舞台挨拶で初めて間近で聴かせていただいた際は、なんて贅沢な瞬間なんだと思ったのを覚えています」と振り返る。

また、『Mステ』初出演に「昔から見ていましたし、生放送ですし、しかもタモリさんですし。緊張の種類が全然違います」と感想を漏らすが、「でも、この曲の感動を視聴者の方々とも共有できるのがうれしいです。きっと伝わると思います」とコメントした。

そして辻井を「優しくてとても落ち着いていらっしゃる印象です」と表現し、「ロイヤル試写会で両陛下にお会いする前、監督をはじめとしたみんなで『どうしたらいいんだろう…』と緊張していた中、辻井さんだけ『普通にしていればいいんですよ』とリラックスされた感じでおっしゃっていました」とのエピソードを披露した。

その他にも、韓国の人気シンガー・ジェジュンがソロとして初登場し、最新曲「Sign」を披露する。自身約8年半ぶりの出演となり、「『マジで!!』と思いました」と言い、「タモリさんは僕のこと覚えてくれているでしょうか?」と心配している。

「山崎賢人が『Mステ』初出演「緊張の種類が全然違います」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!