8

お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

2018年6月25日 09時26分

麻木久仁子さん(C)日刊ゲンダイ

[拡大写真]

 バラエティー番組からニュース番組のコメンテーター、エッセイストと幅広く活躍中の麻木久仁子さん(55)。お酒といえば、この人とのエピソードが忘れられない。

 ◇  ◇  ◇

「お酌はしなくていいから」

 もう16年ほど前になるかしら。ある懇親会の席で、タモリさんにこう言われました。ピシッと。

 その頃、私は「笑っていいとも!」(フジテレビ系)の木曜日レギュラーをしてまして、音頭をとったプロデューサーさんに誘われたんですね。メンバーはタモリさんはじめ、おもだったレギュラー陣、スタッフ。私はレギュラーになって間もなくで、そんな席は初めてでしたから、タモリさんの前にお邪魔して改めてご挨拶がてらお酌をしようとしたんです。

 そうしたら「しなくていい」と。ご本人はそれ以上おっしゃいませんでしたが、表情からは「大人なんだから、自分のペースで飲もうよ」と感じました。今でこそ、セクハラ、アルハラって言葉が一般的になってお酌を強要する風潮は減ってきましたが、当時、お酒の席では“女性がお酒をついで回るもの”って無言のプレッシャーがまだ横行していました。

 しかも、ついで回るのも「肩書の高い人から順に」とか「ビールのラベルは上に」「両手で」って暗黙の決まりごとがたくさんあって、その上「お酌されたら拒んじゃダメ」とか「飲みたくなくても少し口をつける」といった、お酒が苦手だったり、体質に合わない人にはちょっと酷な雰囲気がある時代。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”」のコメント一覧 8

  • 匿名さん 通報

    女性にお酌を強要する男ほど見苦しいものはない。

    17
  • 匿名さん 通報

    あと一言「遠慮せず各々手酌でやってくれ」と言ってあげてください。参加者の中には周囲から「飲んでくれよ」と注がれた時以外に自分からもう一杯欲しがっていいのかどうか引込み思案する奴もいるらしから。

    10
  • キジトラ 通報

    シンプルイズベストのタモリさんらしいエピソード。

    7
  • 匿名さん 通報

    麻木久仁子さんの「別の顔」は、酷いからな・

    6
  • 匿名さん 通報

    それがどうした?

    4
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!