0

あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍

2018年6月25日 09時26分

めんそ~れ愛菜さん(右はあやまんJAPAN時代)(C)日刊ゲンダイ

[拡大写真]

「ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー!」の掛け声など、飲み会芸をベースとした過激パフォーマンスで2010年代の初めに注目された女性エンターテインメント集団「あやまんJAPAN」。グループの中心メンバーのひとりとして活躍したのが、めんそ~れ愛菜さん(永遠の18歳=自称)。今、どうしているのか。

 愛菜さんに会ったのは、4月にオープンした一般非公開の紹介制バー兼事務所。東京メトロ六本木駅から徒歩2分の好立地だ。同バーの開店前に出迎えてくれた愛菜さん、クリクリした瞳が印象的なきれいな顔立ちは、あやまんJAPAN時代と変わらない。

「今は、アイドルやグラビアをやっている女の子が20人ほど在籍する芸能事務所のひとり社長として頑張ってます。15年4月に立ち上げ、今年で4年目に入りました。事務所もこのバーも『元あやまんJAPAN』の肩書があるので“どうせ男に出資してもらったんでしょ?”とか、めっちゃ言われます(笑い)。でもちゃんと自分でやりくりしてきました」

 愛菜さんの現在の仕事の9割は所属アイドルのプロデュースや社長業。中でも力を入れているのが、アイドルグループ「病ンドル」のプロデュースだ。

「普段はネガティブで“病み”がちな子なのに笑顔をつくっているアイドルを見て、『なぜ隠すんだろう?』と思ったんです。私自身、ファンが心配するくらい病んでたんですけど、それでも支えてくれるファンがいっぱいいました。じゃあ、病んでることを表に出すアイドルがいてもいいじゃんって思ったんです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!