0

貞淑美女タレントの性白書 有働由美子と大橋未歩 五十路、四十路で再ブレークした熟巨乳エロス(2)

2018年6月25日 23時00分

 ちなみに、有働が所属しているのは、『ナチュラルエイト』という芸能事務所。
 「彼女を誘ったのは、同事務所所属のマツコ・デラックスです。自分のペースで仕事をしたいという意思を持っていたので、個人事務所設立を考えていたようですが、以前から仲のよかったマツコから“うちなら好きにできるから”と口説かれて決めたようです」(前出・スポーツ紙記者)

 同事務所には、人気お笑いコンビの『くりぃむしちゅー』もいて、“オッサン”だけの事務所だという。
 「実は、有働の民放デビューは件の日本テレビ系の番組ではありません。5月29日に放送された『マツコ、昨日死んだってよ。』(テレビ東京)でナレーションを務めたのです。共演は、タイトルからも分かる通り、マツコ・デラックスでした」(前出・小松氏)

 ここで、どこからともなく聞こえてきたのが有働の新しいニックネームだ。
 「“女子アナ界のマツコ・デラックス”です。古巣のNHKでの仕事は決まっているし、平日は無理でも、週末の他局への出演は特番を含めて可能です。よって、テレビ局を完全制覇する日も近いということから、このように呼ばれても何ら違和感はありません。何事にもチャレンジしていくと思います」(女子アナウオッチャー)

 その一方で、結婚はあきらめたようだ。
 「それでも、女としての色気は失いたくないようで、来年50歳になるのを前に、オファーがあれば、セクシーグラビアに挑戦したい気持ちがあるようです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「貞淑美女タレントの性白書 有働由美子と大橋未歩 五十路、四十路で再ブレークした熟巨乳エロス(2)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!