1

殴打事件を経た椿隆之の今、顔の傷あとほぼなくなる「芝居が自由にできるのはうれしい」

2018年7月13日 06時00分

舞台『Entertainment Live Stage「オバケストラ」』に出演する椿隆之

[拡大写真]

 俳優の椿隆之(36)が11日、東京・新宿のシアターサンモールで俳優・ミュージシャンの杉浦タカオ(35)プロデュースのSEPT舞台『Entertainment Live Stage「オバケストラ」』の初日を迎えた。同日、杉浦と共に椿はORICON NEWSのインタビューに応じ、復帰3作目となった今回への意気込みを語った。

■『オバケストラ』でもおなじみの姿で登場「裏設定みたいなもの」

 『オバケストラ』で椿はSEPTのステージで、おなじみの衣装で登場。役柄は違うため、椿は「裏設定みたいなものですかね。よく見ているお客さんにはわかる感じです」と笑顔を見せた。本作については「歌の歌詞にしろ、深みがある。いろいろなことが繋がってシンクロしていく。そういう面でも、すごく楽しいです。バンドを途中で止めて曲中で芝居をやって、また曲に戻る。そういうのも斬新で見どころですね」とアピール。そして「小劇場、中劇場、大劇場と違ったよさや味があるけど『オバケストラ』には全部、入っているかな」と魅力を語った。

 また、杉浦にとって、SEPTのステージでは初めて自身の出演シーンがない。杉浦は「椿くんをキャスティングするときも僕が出ないことを伝えなかったんです。そしたら『出ないんかい』っていうのがありましたね(笑)」と振り返りつつ「初めて外から見ている。すごく感慨深いですね。自分の脚本が、こんなかたちで届けられたのかと、うれしく思います。

「殴打事件を経た椿隆之の今、顔の傷あとほぼなくなる「芝居が自由にできるのはうれしい」」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    悪鬼羅刹の国トンキン

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!