1

【TBSアナウンサー×「ラジオ」Vol.1 宇垣美里】テレビとは違う距離感に喜び「コアなファンに会ったような…」

2018年7月23日 06時00分

ラジオへの思いを語ったTBS・宇垣美里アナウンサー (撮影/近藤誠司) (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

 6月11日から17日に実施された個人聴取率調査(ビデオリサーチ首都圏ラジオ聴取率調査)で見事トップを獲得し、2001年8月から102期連続(17年間)という大記録を達成するなど、ラジオ業界では一人勝ち状態のTBSラジオ。そんな同局の特色のひとつとなっているのは、テレビとラジオの両方の放送局を持つ「ラテ兼営」という点。普段テレビでよく見るアナウンサーの意外な一面が、「ラジオを聞けば、見えてくる」と好評を博している。

 そこで今回、TBSラジオで番組を担当しているアナウンサー陣を対象に、テレビとは異なるラジオ独自の魅力を聞くリレーインタビューを敢行。記念すべき第1回を飾るのは、テレビでは『ひるおび!』に出演、テレビ東京の鷲見玲奈アナウンサー(28)との動画配信サービス『Paravi(パラビ)』推進活動、さらには週刊誌の表紙&グラビア登場など、さまざまなシーンで活躍する宇垣美里アナウンサー(27)。歯に衣着せない物言いで思いを語るトークが人気の宇垣アナが、現在担当している『アフター6ジャンクション』『ドランクドラゴン鈴木拓宅』から、ラジオへの率直な思いまでを余すことなく語った。

■宇多丸の度量に感謝「やりたいようにやらせてくれる」 好きなものを話して伝わる喜び

――火曜パートナーを担当する『アフター6ジャンクション』(月~金 後6:00~9:00)、通称『アトロク』はすごく情報量の多い番組です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「【TBSアナウンサー×「ラジオ」Vol.1 宇垣美里】テレビとは違う距離感に喜び「コアなファンに会ったような…」」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    チョン豚Sのダークな実態をもっと話せよ安住

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!