10

【コミケ94】コミケ運営側、炎天下撮影のレイヤーに“やめる勇気”訴える

2018年8月10日 14時39分

『コミケ94』にて、コスプレイヤーを撮影する参加者たち (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

 いよいよ開幕した世界最大規模の同人誌即売会『コミックマーケット94』(C94)。台風一過による晴天で、午前10時のスタートから35度を超え、14時現在で39.6度に上昇。文字通りの“極暑”となったこの日、来場者を誘導するコミケ準備会のボランティアスタッフたちは、炎天下の中で長時間にわたる撮影を行うコスプレイヤーたちの健康状態を考慮し、「ある程度の時間で、“やめる勇気”を持ってください!」と異例の呼びかけを行った。

 コミケの風物詩といえば、様々なアニメキャラに扮したコスプレイヤーと、それを撮影する一般カメラマンの存在。人気レイヤーともなれば、20人以上のカメラマンが列をなし、1人おおよそ3~4分の撮影が常。炎天下の中で終日撮影に追われることになる。定期的な水分補給を行っていたとしても、やはり体力の消耗は明白だ。コミケ準備会のボランティアスタッフは、レイヤーたちに「ある程度の時間で、“やめる勇気”を持ってください! 体調を最優先に考えての行動をお願いします! あと、“もぐもぐタイム”と“ごくごくタイム”を忘れずに~!!」と炎天下のなか呼びかけていた。

 また、30年にわたりコミケに来場する50代ベテランカメラマンは「レイヤーさんが倒れてしまったら元も子もない。体調を優先してほしい」と“レイヤーファースト”を掲げれば、30代の男性カメラマンも「個人でやっているレイヤーさんは自分で判断しないと止める人間がいない。

「【コミケ94】コミケ運営側、炎天下撮影のレイヤーに“やめる勇気”訴える」のコメント一覧 10

  • 匿名さん 通報

    カメラ小僧、口では偉そうに言うけど、お前ら撮るのやめね~だろ?笑

    12
  • 匿名さん 通報

    暑かろうが、倒れようが、工口パワーの方が勝ってるくせにね

    5
  • 匿名さん 通報

    コミケをやめればいい

    3
  • 匿名さん 通報

    カメコも古い

    0
  • 匿名さん 通報

    ここに10万人の宮崎勤がいます。彼らに近づかない方が無難ですね。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!